人気投資戦略 #カモメのオセアニア はこちらをタップ | 限定タイアップキャンペーンもあるよ!

CFD口座を競争力のある6社で比較 | 適切な選び方と運用方針

CFD口座を競争力のある6社で比較 | 適切な選び方と運用方針

当記事は広告を含みます


簡単に自己紹介


カモメうみねこ

元子役モデル タレント | 投資家 | IQ160 | デザイナー | 株 債券 FX CFD ノックアウトオプション 代用FX 裁量トレードなど幅広く資産運用

企業タイアップあり
ダイヤモンドZAi掲載


CFDは「Contract for Difference」の略で「差金決済取引」の一種になります。証拠金を預けて原資産に投資しているのではなく、原資産のレートで買値と売値の差損益を得る投資商品です。

  • 為替の証拠金取引はFX
  • 為替以外の証拠金取引はCFD

為替以外、米国指数や大豆や原油など世界中の様々な金融商品に投資できるのが特徴です。レバレッジで大きく狙ったり、売りからエントリーしたり活用の幅が非常に広いのも魅力。投資に慣れてきた人には上手に活用してほしい投資商品になります。
短期中期で売買するタイミング投資が基本です。金利が毎日徴収されますので長期保有しない運用が前提になります。

CFDを扱う金融機関は多くありますが、選び方は少し難しいので当記事で整理整頓して解説したいと思います。

もくじ

競争力のある6社を厳選して比較

カモメさん

私が一通り見て選出しました

検討に値すると感じたのは以下の6社です。()内の数字は取り扱い銘柄数です。当然ながら多い方が選択肢が増えて魅力的です。

  • OANDA証券(24)
  • 楽天証券(37)
  • DMM CFD(14)
  • 外為どっとコム(20)2024年2月に新規参入で最も後発
  • GMOクリック証券(150以上)
  • IG証券(12,000以上)取引できない銘柄が実質ほぼ無い

主要銘柄をスプレッドで比較

まずはFXと同様にスプレッドで比較します。
6社の中で最もスプレッド狭い数値を赤太文字にしています。

スクロールできます
社名
(銘柄数)
OANDA証券
(24)
楽天証券
(37)
DMM CFD
(14)
外為どっとコム
(20)
GMOクリック証券
(150以上)
IG証券
(12,000以上)
主な銘柄
スプレッド
日本22510.05.77.03.16.07.0
NASDAQ2.20.92.00.61.02.0
S&P5000.40.70.50.40.30.6
DOW2.04.55.02.14.04.8
FTSE2.11.03.01.21.33.0
DAX2.71.66.83.11.85.0
0.30.61.20.20.40.3
2.02.45.41.01.53.0
原油3.05.03.91.23.02.8
天然ガス0.0070.0100.0180.0020.0080.003
2024年3月時点

外為どっとコムがスプレッドを他社よりも有利に設定しているのが目立ちます。1位でなくても0.1差など誤差。他社も銘柄によっては良いスプレッドを提示しています。

DMM CFDとIG証券はどの銘柄でもスプレッドが劣っています。ではこの時点で脱落か?というと、そうではありません。次の項目に続きます。

調整額の発生日ルールが与えるメリット

CFDは各種調整額が発生します。この調整額の呼び名もルールも価格も金融機関によって異なり、同じ条件で比較するのが困難です。
また殆どの金融機関で口座開設者しかその調整額がいくらになるか見れないようになっています。比較している6社ではOANDA証券と外為どっとコムは公式HPで確認も可能です。

この調整額はプラスになることもあればマイナスになることもあります。一概には言えませんが、買いエントリー(ロング)であれば引かれること(マイナス)が多く、売りエントリー(ショート)であれば貰えること(プラス)が多いです。

ここで注目するのは額ではなくて「発生日の違い」です。

スクロールできます
社名
(銘柄数)
OANDA証券
(24)
楽天証券
(37)
DMM CFD
(14)
外為どっとコム(20)GMOクリック証券
(150以上)
IG証券
(12,000以上)
調整額
の発生日
株価指数
個別株
毎日毎日調整日のみ調整日のみ調整日のみ毎日
原油
天然ガス
毎日毎日調整日のみ調整日のみ調整日のみ毎日

毎日毎日毎日毎日毎日毎日
2024年3月時点

多くの金融機関CFDの調整額は毎日発生します。つまり毎日少し資金の増減がある。(*金利は共通して別途徴収されます)
対してDMM CFD、外為どっとコム、GMOクリック証券は予め定められた調整日を跨いで保有していなければ発生しません。これはスプレッド差以上のコストメリットになりえます。従って、DMM CFD、外為どっとコム、GMOクリック証券の3社がCFD口座の有力候補になります。

この調整額の大きさも金融機関によって異なります。
調整額の大きさや調整日カレンダーは口座開設後にスマホアプリかログイン後の画面で確認できるようになります。

仮に調整額に大差がない場合、外為どっとコムはスプレッドも狭く調整日ルールも有利なので

うみねこさん

主要な銘柄しかトレードしないよ

という方には一般的に外為どっとコムが少し抜き出て最有力になります。
外為どっとコムのFXスマホアプリは私が一推しする使い易さで、関連情報も積極的に発信する総合的に良い企業です。まだサービス開始間もないCFDも発展を期待しています。
2024年2月時点では外為どっとコムCFD口座を直接開設することは出来ず、最初にFX口座開設の審査に通ってから公式サイトにログインしてCFD口座開設を申請するシステムになっています。

  • 優れたユーザーインターフェース
  • 充実のチャートと満載の情報
  • CFD口座はFX口座開設後に申請
  • カモメうみねこイチ推しFXアプリ
カモメさん

でも私はちょっと目線が違ってですね…

ここからが「カモメうみねこ」らしい観点になると思います。本領発揮です。
実は…調整額の大きさがどうであろうと私がCFDに選ぶのはGMOクリック証券になります。

その理由を次から。

ノックアウトオプションでトレード出来ない銘柄を多く持つGMOクリック証券とIG証券

主要銘柄の殆どはIG証券とFOREX.com(StoneX証券)ノックアウトオプションでトレード出来ます。

スクロールできます
社名
(銘柄数)
OANDA証券
(24)
楽天証券
(37)
DMM CFD
(14)
外為どっとコム(20)GMOクリック証券
(150以上)
IG証券
(12,000以上)
その他の銘柄レバレッジ系なしなしなしなしありあり
個別株なしなしなしありありあり
ノックアウトオプションで扱わない銘柄オランダ
株価指数
プラチナなし8銘柄約90銘柄約12,000銘柄
2024年3月時点

ノックアウトオプションのメリットはCFDよりも資金効率が良いことなので、ノックアウトオプションでも同じ銘柄を扱えるならCFDを使う理由は殆ど無くなってしまいます。

確かにノックアウトオプションでは指値エントリー出来ないとか、保有期限があるなど、CFDに劣るデメリットもあります。しかし、ノックアウトオプションの資金効率の良さがより魅力的です。

それで私は #カモメのノックアウト なる戦略を開発して、IG証券とFOREX.com(StoneX証券)のノックアウトオプションを積極的に活用しているわけですね。

#カモメのノックアウト戦略解説記事はこちら

カモメさん

と言う訳で…

CFDとノックアウトオプションは似て非なる投資商品でありながら私は一緒に検討します。
すると、以下の順番で利用する口座が決まります。

CFD口座の適切な選び方と運用方針

  1. 主要銘柄はノックアウトオプションで売買→IG証券またはFOREX.com
  2. 売買したい銘柄がノックアウトオプションに無かった→GMOクリック証券
  3. GMOクリック証券に売買したい銘柄が無かった→IG証券

ノックアウトオプションでトレードできない銘柄を最初にGMOクリック証券で探すのは前項の調整額の発生日の違いが理由になります。CFDで同じ銘柄を買うのであればGMOクリック証券がIG証券よりもコスト面で有利なのは前述の通りです。

GMOクリック証券のCFD銘柄はセレクションが素晴らしい

150以上もの銘柄をリストアップすると長くなるので畳みます。確認するには下のボックスをタップしてください。

銘柄リスト(2024年3月時点)
銘柄原資産
日本225日経225先物/SGX・CME
米国30NYダウ先物/CME
米国S500S&P500先物/CME
米国NQ100E-mini NASDAQ100先物/CME
米国NQ100ミニMicro E-mini NASDAQ100先物/CME
上海A50FTSE中国A50先物/SGX
香港H香港ハンセン先物/HKEX
イギリス100FTSE100先物/ICE
ユーロ50ユーロ・ストックス50先物/EUREX
ドイツ40ドイツDAX先物/EUREX
フランス40CAC40先物/EURONEXT
米国半導体ETFiシェアーズ セミコンダクターETF/NASDAQ
インドネシア株価指数ETFiシェアーズ MSCI インドネシア ETF/NYSE ARCA
タイ株価指数ETFiシェアーズ MSCI タイ ETF/NYSE ARCA
ベトナム株価指数ETFヴァンエック・ベクトル・ベトナム ETF/CBOE(旧BATS)
マレーシア株価指数ETFiシェアーズ MSCI マレーシア ETF/NYSE ARCA
フィリピン株価指数ETFiシェアーズ MSCI フィリピン ETF/NYSE ARCA
シンガポール株価指数ETFiシェアーズ MSCI シンガポール ETF/NYSE ARCA
韓国株価指数ETFiシェアーズ MSCI 韓国 ETF/NYSE ARCA
台湾株価指数ETFiシェアーズ MSCI 台湾 ETF/NYSE ARCA
トルコ株価指数ETFiシェアーズ MSCI トルコ ETF/NASDAQ
ロシア株価指数ETF※ヴァンエック ベクトル ロシア ETF/CBOE(旧BATS)
イタリア株価指数ETFiシェアーズ MSCI イタリア ETF/NYSE ARCA
スイス株価指数ETFiシェアーズ MSCI スイス ETF/NYSE ARCA
オランダ株価指数ETFiシェアーズ MSCI オランダ ETF/NYSE ARCA
ベルギー株価指数ETFiシェアーズ MSCI ベルギー ETF/NYSE ARCA
スウェーデン株価指数ETFiシェアーズ MSCI スウェーデン ETF/NYSE ARCA
南アフリカ株価指数ETFiシェアーズ MSCI 南アフリカ ETF/NYSE ARCA
ブラジル株価指数ETFiシェアーズ MSCI ブラジル ETF/NYSE ARCA
チリ株価指数ETFiシェアーズ MSCI チリ ETF/CBOE(旧BATS)
メキシコ株価指数ETFiシェアーズ MSCI メキシコ ETF/NYSE ARCA
カナダ株価指数ETFiシェアーズ MSCI カナダ ETF/NYSE ARCA
オーストラリア株価指数ETFiシェアーズ MSCI オーストラリア ETF/NYSE ARCA
金スポット金のスポット取引
銀スポット銀のスポット取引
銅先物銅先物/CME
WTI原油WTI原油先物/CME
北海原油北海ブレント原油先物/ICE
天然ガス天然ガス先物/CME
ガソリンガソリン先物/CME
ヒーティングオイルヒーティングオイル先物/CME
コーンコーン先物/CME
大豆大豆先物/CME
小麦小麦先物/CME
砂糖砂糖先物/ICE
ココアココア先物/ICE
コーヒーコーヒー先物/ICE
コットンコットン先物/ICE
米国VIVIX先物/CBOE
米国30ブル3倍ETFプロシェアーズ・ウルトラプロ・ダウ30/NYSE ARCA
米国30ベア3倍ETFプロシェアーズ・ウルトラプロ・ショート・ダウ30/NYSE ARCA
NQ100ブル3倍ETFプロシェアーズ・ウルトラプロ・NASDAQ100/NASDAQ
NQ100ベア3倍ETFプロシェアーズ・ウルトラプロ・ショート・NASDAQ100/NASDAQ
米国小型株ベア3倍ETFDirexion デイリー米国小型株ベア3倍ETF/NYSE ARCA
米国半導体ブル3倍ETFDirexion デイリー セミコンダクターブル3倍シェアーズETF/NYSE ARCA
米国半導体ベア3倍ETFDirexion デイリー セミコンダクターベア3倍シェアーズETF/NYSE ARCA
米国エネルギーブル2倍ETFDirexion デイリー エネルギー・ブル2倍シェアーズETF/NYSE ARCA
米国エネルギーベア2倍ETFDirexion デイリー エネルギー・ベア2倍シェアーズETF/NYSE ARCA
新興国ブル3倍ETFDirexion デイリー 新興国株ブル3倍ETF/NYSE ARCA
新興国ベア3倍ETFDirexion デイリー 新興国株ベア3倍ETF/NYSE ARCA
中国ブル3倍ETFDirexion FTSE 中国株ブル3倍ETF/NYSE ARCA
中国ベア3倍ETFDirexion FTSE 中国株ベア3倍ETF/NYSE ARCA
金ブル2倍ETFDirexion デイリー 金鉱株ブル2倍ETF/NYSE ARCA
金ベア2倍ETFDirexion デイリー 金鉱株ベア2倍ETF/NYSE ARCA
米国債20年ブル3倍ETFDirexion デイリー米国債20年超ブル3倍ETF/NYSE ARCA
米国債20年ベア3倍ETFDirexion デイリー米国債20年超ベア3倍ETF/NYSE ARCA
グローバル不動産ETFSPDR・ダウジョーンズ・グローバル不動産ETF/NYSE ARCA
グローバル(米国除く)不動産ETFSPDR ダウ・ジョーンズ・インターナショナル・リアル・エステート ETF/NYSE ARCA
米国リートETFバンガード・REIT・ETF/NYSE ARCA
米国リート・不動産株ETFiシェアーズ 米国不動産 ETF/NYSE ARCA
モーゲージ不動産ETFiシェアーズ・モーゲージ不動産ETF/CBOE(旧BATS)
Amazon(NASDAQ)卸売・小売
NIKE(NYSE)
GAP(NYSE)
ウォルマート(NYSE)
P&G(NYSE)
ペプシ(NASDAQ)
コストコ・ホールセール(NASDAQ)
イーベイ(NASDAQ)
ホーム・デポ(NYSE)
ゼネラル・エレクトリック(NYSE)電気機器・
機械
3M(NYSE)
キャタピラー(NYSE)
Apple(NASDAQ)
IBM(NYSE)
インテル(NASDAQ)
HP(NYSE)
シスコシステムズ(NASDAQ)
NVIDIA(NASDAQ)
AMD(NASDAQ)
クアルコム(NASDAQ)
アプライド・マテリアルズ(NASDAQ)
テキサス・インスツルメンツ(NASDAQ)
ラムリサーチ(NASDAQ)
テラダイン(NASDAQ)
スカイワークスソリューションズ(NASDAQ)
バンク・オブ・アメリカ(NYSE)銀行・証券・保険・その他金融
シティグループ(NYSE)
バークシャー・ハサウェイ(NYSE)
アメリカン・エキスプレス(NYSE)
ゴールドマン・サックス・グループ(NYSE)
モルガン・スタンレー(NYSE)
Visa(NYSE)
アフラック(NYSE)
JPモルガン・チェース(NYSE)
ユナイテッドヘルス・グループ(NYSE)
コインベース(NASDAQ)
マクドナルド(NYSE)農林水産・食料品
スターバックス(NASDAQ)
コカ・コーラ(NYSE)
アリババ(NYSE)情報・通信・サービス
ウォルト・ディズニー(NYSE)
ジョンソン・エンド・ジョンソン(NYSE)
Alphabet(旧Google)(NASDAQ)
マイクロソフト(NASDAQ)
オラクル(NYSE)
Meta Platforms(旧Facebook)(NASDAQ)
アドビ・システムズ(NASDAQ)
ネットフリックス(NASDAQ)
アカマイ・テクノロジーズ(NASDAQ)
Tモバイル(NASDAQ)
AT&T(NYSE)
ベライゾン・コミュニケーションズ(NYSE)
Groupon(NASDAQ)
ブロック(旧スクエア) (NYSE)
ペイパル(NASDAQ)
マイクロストラテジー(NASDAQ)
エクソン・モービル(NYSE)電気・ガス・石油
ハリバートン(NYSE)
シェブロン(NYSE)
ファイザー(NYSE)化学・化粧品・医薬品
メルク(NYSE)
デュポン(NYSE)
デルタ航空(NYSE)陸海空運・倉庫
フォード・モーター(NYSE)自動車・造船・輸送機
GM(NYSE)
テスラ(NASDAQ)
ボーイング(NYSE)
RTX(旧レイセオン・テクノロジーズ)(NYSE)資材・その他製品
ハウメット・エアロスペース(NYSE)
ハイアール・スマート・ホーム(HKEX)電気機器・機械
レノボ・グループ(HKEX)
HSBCホールディングス(HKEX)銀行・証券・保険・その他金融
中国工商銀行(HKEX)
中国建設銀行(HKEX)
チャイナ・ライフ・インシュアランス
(HKEX)
ピンアン・インシュアランス(HKEX)
中国銀行(HKEX)
ワンワン・ホールディングス(HKEX)農林水産・食料品
チャイナ・メンニウ・デイリー
(HKEX)
ドンフェン・モーター・グループ
(HKEX)
自動車・造船・輸送機
ツージン・マイニング(HKEX)鉄鋼金属・非鉄金属・鉱物
チャイナ・モバイル(HKEX)情報・通信・サービス
テンセント・ホールディングス
(HKEX)
ギャラクシー・エンターテインメント
(HKEX)
キングソフト(HKEX)
コンチ・セメント(HKEX)資材・その他製品
ペトロチャイナ(HKEX)電気・ガス・石油
チャイナ・ロンユアン・パワー
(HKEX)
チャイナ・エバー・ブライト(HKEX)
チャイナ・ガス(HKEX)
シノペック(HKEX)

私見ですが、GMOクリック証券のCFD銘柄セレクションはかなり良く考えられています。
今の相場、この銘柄があったら良いのにな。がタイミングよく新規採用されたりします。

最近の例ではTMF(米国債20年ブル3倍ETF)ですね。2023年末くらいに新規採用されました。
半導体で話題のNVIDIAも個別株CFDで扱っています。もちろんこれも話題になる前から。

個人的な経験では「CFD使いたい欲」はGMOクリック証券で扱う銘柄数でほぼ満足して、IG証券とFOREX.com(StoneX証券)まで使ったことは3~4回くらいしかありません。それほど必要十分な主要銘柄と旬な銘柄の両方を扱っていると思います。

  • 豊富な銘柄とコストの総合力
  • 幅広い取り扱いアセット:株式、債券、リートなど
  • レバレッジ系ETFをさらにCFDでトレード可能
  • 優良個別株の取り扱いも多数

CFDを活用した投資戦略は?

CFDは短期中期のタイミング投資が基本ではありますが、#トラリピCFDカモメ を手動で運用することが応用として考えられます。

トラリピCFDのナスダックトラリピは非常に優秀なキャッシュフローで収益率にも優れますが、コストも非常に高いのが欠点です。

FXを手動でリピート売買するように、CFDも手動でリピート売買をしてコストセーブする。ということです。

正直…#トラリピCFDカモメを手動は大変だと思いますが…トレードが好きな人、自動売買してても気になってチャートばかり確認して楽しめる人であれば、その時間を利用して運用も可能だと思います。

この戦略に限ってはGMOクリック証券と外為どっとコムの両方が選択肢になると思います。

#トラリピCFDカモメ を手動でするならどっち? | GMOクリック証券と外為どっとコムの比較表

GMOクリック証券外為どつとコム
指値有効期限2週間無期限
スプレッド0.60.3
NASDAQ
(最小必要証拠金)
3,000円程度
(NASDAQミニを利用)
30,000円程度
メリット小額から始められるスプレッドが狭くコスト安
指値が無期限
デメリットスプレッドが広い
指値有効期限がある
予算が大きくなる
2024年3月時点 USDJPY150円程度のレートの場合

どちらも一長一短。

約定回数が重要な戦略ですので、予算が許せばNASDAQのスプレッドが狭く指値が無期限の外為どっとコムがこの戦略には適していると思います。少額で運用したいのであればNASDAQミニを扱うGMOクリック証券になります。

いずれにしてもかなりの手間には変わりないので、広い範囲にリピート注文を仕掛けておくのではなく、現在レートから上下○○ポイントなど、範囲を狭めて限定的に仕掛けておく戦略が現実的になると思います。

うみねこさん

あれ?そのやり方に聞き覚えある

カモメさん

これですね
少額バージョン

#トラリピCFDカモメ戦略解説記事はこちら

うみねこさん

それか…
TQQQをGMOで手動リピート売買とか…やっちゃおっかなー

インヴァスト証券のトライオートETFで扱う自動売買をGMOクリック証券のCFDで手動リピートすることも考えられますね。良いと思います。

最後に比較表を1つにまとめ | リスク管理も怠らずに

カモメさん

これまでに紹介した3つの比較表を1つにまとめておさらいです

スクロールできます
社名
(銘柄数)
OANDA証券
(24)
楽天証券
(37)
DMM CFD
(14)
外為どっとコム(20)GMOクリック証券
(150以上)
IG証券
(12,000以上)
主な銘柄
スプレッド
日本22510.05.77.03.16.07.0
NASDAQ2.20.92.00.61.02.0
S&P5000.40.70.50.40.30.6
DOW2.04.55.02.14.04.8
FTSE2.11.0003.01.21.33.0
DAX2.71.66.83.11.85.0
0.30.61.20.20.40.3
2.02.45.41.01.53.0
原油3.05.03.91.23.02.8
天然ガス0.0070.0100.0180.0020.0080.003
調整額
の発生日
株価指数
個別株
毎日毎日調整日のみ調整日のみ調整日のみ毎日
原油
天然ガス
毎日毎日調整日のみ調整日のみ調整日のみ毎日

毎日毎日毎日毎日毎日毎日
その他の銘柄レバレッジ系なしなしなしなしありあり
個別株なしなしなしありありあり
ノックアウトオプションで扱わない銘柄オランダ
株価指数
プラチナなし8銘柄約90銘柄12,000銘柄
2024年3月時点

CFD口座の適切な選び方と運用方針

  1. 主要銘柄はノックアウトオプションで売買→IG証券またはFOREX.com
  2. 売買したい銘柄がノックアウトオプションに無かった→GMOクリック証券
  3. GMOクリック証券に売買したい銘柄が無かった→IG証券
  4. #トラリピCFDカモメを手動リピートで運用したい→GMOクリック証券か外為どっとコム

上手くまとまりましたね。
しれっと、4番目に#トラリピCFDカモメを手動リピートするなら…を追加しておきました。

CFDはとても便利な投資商品です。
チャンスにレバレッジを掛けてロングでエントリーする。反対にピンチにはレバレッジを掛けてショートエントリーしてヘッジする。など、色々な活用方法が思い浮かびます。

とはいえ、証拠金取引なので相応のリスクもしっかりあります。損切設定を忘れずに。短期中期売買が基本なのでタイミングに失敗すれば普通に損して終わります。また高金利の2024年時点では長期保有も厳禁です。お気をつけて。

カモメさん

よ~く考えて運用してくださいね

  • 優れたユーザーインターフェース
  • 充実のチャートと満載の情報
  • CFD口座はFX口座開設後に申請
  • カモメうみねこイチ推しFXアプリ
  • 豊富な銘柄とコストの総合力
  • 幅広い取り扱いアセット:株式、債券、リートなど
  • レバレッジ系ETFをさらにCFDでトレード可能
  • 優良個別株の取り扱いも多数

当サイト、note、SNSなどは投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証するものではありません。閲覧者が当サイト、note、SNSなどの情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても運営者は一切の責任を負いません。リンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。FX、CFD、ノックアウト・オプションなどの投資商品はリスクや損失が存在する金融商品です。取引は閲覧者自身の判断によって、リスクを十分に理解した上で自己責任で行ってください。

カモメうみねこ限定タイアップ
当ブログ経由の口座開設で限定タイアップレポートを進呈


カモメうみねこ限定タイアップ
当ブログ経由の口座開設で限定タイアップレポートを進呈


  • URLをコピーしました!
もくじ