category
NEWS
松井証券

*入出金に総合口座も必要になります。FX口座と総合口座の両方に必ずチェックをして口座開設をお願いします

人気投資戦略 #カモメのオセアニア はこちらをタップ | 限定タイアップキャンペーンもあるよ!

気になるファンドリスト | アセット別に配当とコストを整理+私見

気になるファンドリスト | アセット別に配当とコストを整理+私見

当記事は広告を含みます


簡単に自己紹介


カモメうみねこ

元子役モデル タレント | 投資家 | IQ160 | デザイナー | 株 債券 FX CFD ノックアウトオプション 代用FX 裁量トレードなど幅広く資産運用

企業タイアップあり
ダイヤモンドZAi掲載


ブログはトレード関係の記事が多いですが、私の資産の殆どは投資信託やETFなどのファンドが占めています。いわゆるインデックス投資家です。新しく発売されるファンドなど日々チェックしており、特徴を簡潔にまとめています。ご参考ください。

カモメさん

私のメモをそのまま公開している感じです!

もくじ

当サイト、note、SNSなどは投資の助言あるいは投資の勧誘等を行うものではありません。個人的見解に基づくものであり、その完全性・正確性・有用性について保証するものではありません。閲覧者が当サイト、note、SNSなどの情報を直接または間接に利用したことで被ったいかなる損害についても運営者は一切の責任を負いません。リンクやバナーなどで移動したサイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。FX、CFD、ノックアウト・オプションなどの投資商品はリスクや損失が存在する金融商品です。取引は閲覧者自身の判断によって、リスクを十分に理解した上で自己責任で行ってください。

ファンドリスト

アセット別にタブを分けています。各タブで表示されるリスト下部にはファンド概要と私見をまとめ、で評価しています。あくまで個人的な意見としてご参考ください。
既に有名なファンドは割愛です。新たに収集した情報を記録しています。

うみねこさん

私もしゃしゃり出るね!

カモメさん

うん。思ったこと言っていいよ

*情報は各銘柄の作成日のデータです。一部情報が古い場合がございます。ご了承ください

スクロールできます
銘柄配当コスト種別アセット
eMAXIS Slim米国株式
S&P500指数に連動
なし0.09372%投資信託
SBI・V・S&P500インデックス・ファンド
米ETF VOO買うだけファンド
なし0.09380%投資信託
Tracers S&P500配当貴族インデックス(米国株式)
S&P500から増配傾向の銘柄。最低40銘柄以上
なし0.1155%投資信託
eMAXIS S&P500クオリティ高配当インデックス
S&P500から収益の質が高い200銘柄
なし0.33%投資信託
ニッセイNASDAQ100インデックスファンド
NASDAQ指数に連動
なし0.2035%投資信託
SBI・iシェアーズ・インド株式インデックス・ファンド
インド株 S&P BSE SENSEX連動の本家ETF買うだけファンド
なし0.4638%投資信託
iFreeNEXT インド株インデックス
インド株 Nifty50指数に連動
なし0.473%投資信託
SMTAMインド株式インデックス・オープン
インド株 Nifty50指数に連動
なし0.308%投資信託
eMaxis インド株式インデックス
インド株 Nifty50指数に連動
なし0.44%投資信託
SBI・V・米国増配株式インデックス・ファンド
米ETFのVIGの東証版。スクリーニングの厳しい連続増配銘柄
なし0.1238%投資信託
一歩先いく US テック・トップ20インデックス
米国のハイテク企業トップ20に投資するETF
なし0.495%投資信託
Tracers S&P500トップ10インデックス(米国株式)
S&P500の中のトップ10に連動
なし0.10725%投資信託
NEXT FUNDS インド株式指数・Nifty 50連動型上場投信【1678】
インド株 Nifty50指数に連動
なし0.9500%国内ETF
NEXT FUNDS インド株式指数・Nifty 50連動型上場投信【1678】
インド株 Nifty50指数に連動
なし0.9500%国内ETF
iシェアーズ 米国連続増配株ETF【2014】
米ETFのDGROの東証版。連続増配かつ高配当な銘柄が中心
2.44%0.121%国内ETF
グローバルX S&P500配当貴族ETF【2236】
S&P500から増配傾向の銘柄。最低40銘柄以上
0.28%0.275%国内ETF
グローバルX US テック・トップ20 ETF【2244】
米国のハイテク企業トップ20に投資するETF
なし0.4125%国内ETF
MAXIS ナスダック100上場投信【2631】
NASDAQ指数に連動
0.51%0.20%国内ETF
カモメさん

気になるファンド概要と私見

 eMAXIS S&P500クオリティ高配当インデックス

  • S&P500から優秀な上位200位以内にランク付けされる銘柄
  • 収益の質、財務の健全性などで定義。株価下落による高配当株は対象外
  • 安定性重視
  • 均等ウエイトで定期的にリバランス
  • 過去30年ではS&P500の2倍近い成績
  • ショック相場での下落耐性が強く価格が下がらないので複利効果が働きやすい(数学的根拠)
  • コストがeMaxis Slim米国株式投信の3倍程度だが上記の魅力を考慮すると許容範囲
  • 公式サイト:https://emaxis.jp/fund/254479.html

 SBI・iシェアーズ・インド株式インデックス・ファンド

  • 注目のインド株式インデックスへ投資
  • 新興国株式インデックスに投資するファンドとしては低コスト。国内ETFの半額
  • 過去20年間の成績はS&P500の2倍
  • 人口増加、インフラ需給、賃金増加率、GDP予測では将来2位になる可能性がある
  • SENSEXはNifty50より銘柄数が少なく大型株比重が大きい。米国株でいうS&P500とVTIの様な違いで大差なし
  • SENSEXインドのムンバイ証券取引所に上場する30銘柄(加重平均)
  • 本家ETF(コスト約0.4%)を買うだけファンドのため、日本だけの事情でこれ以上のコスト競争に参加できないと思われる
  • 2024年1月時点で購入できるネット証券会社はSBI証券のみ
  • 公式サイト:https://apl.wealthadvisor.jp/webasp/sbi_am/pc/basic/sa_2023092202.html https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/products/251590/ishares-core-s-and-p-bse-sensex-india-index-etf

 SMTAMインド株式インデックス・オープン 

  • 注目のインド株式インデックスへ投資
  • 新興国株式インデックスに投資するファンドとしては低コスト。国内ETFの半額
  • 新しいファンドだが順調に純資産を増やしインド株式の注目度の高さを伺える
  • 過去20年間の成績はS&P500の2倍
  • 人口増加、インフラ需給、賃金増加率、GDP予測では将来2位になる可能性がある
  • Nifty50はインドのナショナル証券取引所に上場する50銘柄(加重平均)
  • 2024年1月時点で購入できるネット証券会社はauカブコムのみ
  • 公式サイト:https://www.smtam.jp/fund/detail/_id_510217/
うみねこさん

2024年1月時点ではインド株インデックスでコスト最安

 eMaxis インド株インデックス 

  • 常にコスト最安を目指すslimシリーズではないことに注意
  • 注目のインド株式インデックスへ投資
  • 新興国株式インデックスに投資するファンドとしては低コスト。国内ETFの半額
  • 新しいファンドだが順調に純資産を増やしインド株式の注目度の高さを伺える
  • 過去20年間の成績はS&P500の2倍
  • 人口増加、インフラ需給、賃金増加率、GDP予測では将来2位になる可能性がある
  • Nifty50はインドのナショナル証券取引所に上場する50銘柄(加重平均)
  • 最も後発だがコストは2番目になり、SMTAMインド株式インデックス・オープンに劣る。実質コストで勝負できるか?
  • 公式サイト:https://emaxis.jp/fund/254568.html

 一歩先いく US テック・トップ20インデックス

  • 東証ETF2244を買うだけの投資信託
  • 米国のIT企業のトップ20に投資
  • 加重平均で年2回リバランス
  • 加重平均でも各社最大8%で細分化された各カテゴリーごと最大25%と珍しい構成
  • VTIよりもS&P500を好む理由が「少数精鋭」ならNASDAQよりこのファンドを好むかもしれない
  • コストは高めなので、たった20社なら企業リストを見て個別に買ってコストセーブしても良い
  • 新NISAで人気の出そうな銘柄
  • 公式サイト:https://www.daiwa-am.co.jp/special/ustechtop20/
うみねこさん

ネーミングも含めてコラムで語ってるよ!

 Tracers S&P500トップ10インデックス(米国株式)

  • S&P500の内のトップ10に投資(実質的に米国のトップ10)
  • 加重平均で構成
  • 年1回の構成銘柄選定
  • 年4回のリバランス
  • 最近の実績はS&P500を上回るが、構成銘柄が10のみのため上下が激しい
  • NASDAQと上昇率に大差がなく、下落率はさらに高い
  • 10銘柄のみなので、個別壁でそろえることも十分に可能
  • 公式サイト:https://www.nikkoam.com/fund/detail/645115
カモメさん

コラムでもう少し詳しく解説しています

 Tracers S&P500配当貴族インデックス(米国株式)

  • S&P500から25年以上連続して増配を継続している銘柄。上場してからの歴史が長い企業が多め
  • 最低40銘柄で構成される。2023年時点では67銘柄が採用
  • S&P500の加重平均に対して均等ウエイト(例:50銘柄だったら各銘柄均等に2%ずつ
  • eMaxis Slim米国株式投信とコスト差は許容範囲
  • 増配銘柄を集めているのでS&P500よりも下落耐性があるとされる
  • 過去10年間の成績では配当貴族>S&P500>VIGだ
  • 公式サイトhttps://www.nikkoam.com/fund/detail/645073

 NEXT FUNDS インド株式指数・Nifty 50連動型上場投信【1678】

  • 注目のインド株式インデックスへ投資
  • 代用FXにも利用するならこのファンド
  • コスト高い
  • 公式サイト:https://nextfunds.jp/lineup/1678/

 iシェアーズ 米国連続増配株ETF【2014】

  • 米国高配当ETFの代表格VYMと米国増配ETFの代表格VIGの中間のようなファンド
  • 増配ETFでありながら配当も多いのが特徴(VIG以上VYM,HDV未満)
  • 配当も多い要因はスクリーニングされた増配株を時価総額ではなく配当額で加重平均しているから
  • 配当額の加重平均なので配当率が少ない大型株も銘柄に組み込まれる(マイクロソフトなど)
  • トータルリターンではS&P500には及ばないので保有するなら目的を明確にしてから購入する
  • 魅力的だが東証ETFなので新NISAで購入しようとは思わない
  • 配当月:2月、5月、8月、11月
  • 公式サイト:https://www.blackrock.com/jp/individual/ja/products/335306/ishares-us-dividend-growth-etf
うみねこさん

キャピタルもインカムも欲しい!て人には良いかも

新NISA | iDeCo | 代用FX用特定 | 特定 どのファンドをどの口座で運用するか

たくさんファンドの概略をまとめていますが、それぞれに適した口座があると思います。
各個人の投資目的やライフステージにより変わるはずですが、理屈では以下の通りになると思います。
優先順位が高い順にお話しします。最優先は新NISAです。

新NISA(優先順位1位)

年間投資限度額360万円、総額1,800万円の非課税口座。
最速で満額を投資するのが期待値が高くなります。非課税枠を消費せずに基準価額を上げられる投資信託で長期リターンの高い株式を保有するのが定番だと思います。(*ライフステージによる)
頻繁に「オールカントリーとS&P500のどちらが良いのか」が議論になりますね。普通に考えれば殆どの人にはオールカントリーが良いでしょう。

カモメさん

でも私はS&P500

理由は以下の通りです。

  • 途中売却せずに複利効果で基準価額を上げることを最優先したい
  • 途中で売りたい気持ちになる可能性が最も低いのがS&P500
  • 新NISA満額以上の資産を既に保有している
  • 米国以外への投資は新NISA以外で自由に売買したい(=複利効果消滅や枠を気にしたくない)
  • オールカントリーの新興国株比率が高すぎる。またその枠はインド株だけで良いと思っている
  • 日本株への投資は代用FXで高配当投資が最適(*ライフステージによる)

あくまで私の場合ですので、ご参考程度に。
新NISAに関して詳しくは以下の公式サイトでご確認ください。

公式サイト:https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/nisa2024/index.html

iDeCo(優先順位2位)

iDeCoは各証券会社で扱う銘柄が異なり種類も限られています。また、受取可能になるのは満60歳以降で年金扱いのため需給に税金もかかります。よって新NISAよりも優先順位は下がります。しかし、iDeCoだけのメリットで税金控除が使えるので、予算が許すのであればこちらも満額を積み立てたいと思います。

上記のiDeCoタブに記載の通り非課税でリバランスし放題なので、積極運用するのであれば相場に合わせてアセット入れ替えも選択肢になりえます。

代用FX用特定(優先順位3位)

保有している投資信託や国内ETF、株式などを代用し、現金0円でFXが出来て非常に資金効率が高く、そしてハイリスクな上級者向けの制度です。代用FXで含み損を抱えやすいリピートFXをするのは避けた方が良いと思います。

私の代用FXは裁量トレード専用です。
理由は裁量トレード、スイングトレードであれば、短期間で建玉を決済か損切をするので含み損を抱える期間が少ないからですね。途中で保有株の暴落があってもFXへの影響が小さくて済みます。

カモメさん

代用FXは高配当が良さそう

理由は以下の通りです。

  • 投資信託を新NISA以外で買うのはもったいない。必然的に個別株と国内ETFは新NISA以外で買うことになる
  • キャピタルは新NISAで狙い、インカムは代用FX特定口座で狙う役割分担
  • インカムであれば高配当を揃えたい。株、債券、リート、優先証券、などアセット分散も魅力
  • 日本株は為替リスクによる基準価額の上下がなく代用FXへの影響が外国株よりも小さめ
  • 銘柄選定に自信があれば個別日本株で株主優待も狙ってもよい。税制も有利
うみねこさん

オールカントリーで日本株買うなら代用FXで良くね?ってことね

現金0円で代用FXが出来るのは3社あります。auカブコム証券はFXスペックが非常に弱く、マネーパートナーズはスワップが低い。DMMはFXスペックもスワップも優秀です。高配当株のインカムにFXのプラススワップも追加することができます。トレード手法によっては配当よりも多いプラススワップを得ることも可能です。

よって、代用FXで利用する口座はDMM一択になると思います。NISA保有以外のすべてのアセットはDMM特定口座に集約し代用FXに利用するのが効率的です。

代用FXに関してさらに詳しくはこちら

  • 代用FXで裁量 | スイングトレードするならDMM
  • 豊富な通貨ペアに高水準のスワップ
  • スマホアプリの素晴らしい操作性
  • カモメうみねこメイン口座

*代用FXを行うには必ず証券口座とFX口座両方の開設をお願いします

特定(優先順位4位)

新NISAを満額にし、代用FX用のアセットもDMMに集約し、それでも行き場のないアセットを運用するのが特定口座の役目です。

うみねこさん

それどんなファンドなん?

という感じですが、クセ強の尖った投資信託になると思います。例えばNASDAQ3倍ブル投信などですね。相場を判断して比較的中短期で売買をするファンド。国内ETFなら代用FXに回せるので投資信託になるはずです。

運用途中で売りたい気持ちになってしまう、プラスマイナスが気になってしまう投資信託は特定口座が良いと思います。おそらく…ポートフォリオにレバレッジを掛けた商品を含んだ投資信託が該当するでしょうね。USA360とかS&P500ゴールドプラスとか。あとはインド株インデックス投資信託とかブラジル株インデックス投資信託などのカントリーリスク高めのアセット、原油などのシーズンがはっきりしたアセットなど。投資信託は「それ誰が買うの?!」とついつい思ってしまうファンドも沢山あるので色々な選択肢がありそうですね。

新NISAを満額使い切れない人は新NISAでも良いと思いますが、尖がりクセ強な投資信託は新NISAで買えないことも多々あります。気になる投資信託があれば確認してみてください。

米国市場に目を向けると他にも日本市場では買えない魅力的なファンドがある

日本の投資信託や東証ETFで米国の人気ファンドであるVIGやDGROが手軽に購入できるようになったのは、2023年~2024年頃とごくごく最近のことです。

米国市場ではさらに多くのファンドがあり選択肢が広がります。またAppleやNVIDIAなどの有名企業の個別株も購入することができます。長期的な円安懸念もあり、米ドルの収入減を作る重要性も増してきました。

資金に余裕のある方や国内で欲しいファンドが見つからない方は米国市場に目を向けるのもいかがでしょうか。

カモメさん

でも為替差益の総合課税には気を付けてね!

米国株(外国株)の各証券会社スペック比較

下記に各証券会社のスペックをまとめました。
赤文字が他社と差別化になる重要な特徴です。2024年時点では楽天証券、DMM、ウィブル証券の3社の争いになるかなと思います。コストではmoomoo証券が抜き出ていますが、個人的に企業信頼度に不安を感じるので選択肢から外します。

スクロールできます
SBI証券楽天証券マネックス証券DMMmoomoo証券ウィブル証券
取引手数料0.495%0.495%0.495%0.495%ベーシックコース 0.08%
アドバンスコース 200株まで一律1.99USD
0.20%
最低手数料000000.20%
最高手数料22米ドル22米ドル22米ドル22米ドルベーシックコース 22米ドル
アドバンスコース 0.0099米ドル
22米ドル
為替手数料
(1USDあたり)
00購入時:0
売却時:25銭
25銭スプレッド15銭
クイック入金手数料000000
出金手数料00000110~550円
売買通貨米ドル、日本円米ドル、日本円米ドル、日本円米ドル、日本円米ドル米ドル
配当受取通貨米ドル米ドル、日本円米ドル米ドル米ドル米ドル
銘柄数約5,100約5,000約5,000約2,500約7,000約7,000
NISA×
時間外取引×××
単元未満株×××××
特筆MMFから直接米国株購入可能
但し、売却益や配当はMMFに入らない
米国株を代用して信用取引が可能親会社が中国企業であり、不安を感じる人も一定数いる単元未満株(1株以下、最低5米ドルから)で外国株が売買できる唯一の証券会社

楽天証券(3大ネット証券会社では僅かにリード)

  • 楽天証券は円貨取引で確定申告を楽にできる
  • 売買と配当の両方を日本円か米ドルかどちらか選べるのは楽天証券だけ
  • 楽天証券はMMFから直接買付も出来る(但し、売却損益や配当は米ドル)
  • 外貨取引(米ドル取引)を選ぶ場合は、円高時にドル転し円安時に円転するなど為替に有利な運用も可能

上記の理由から米国株では僅かに楽天証券がリードしていると感じます。
売買と配当の両方を日本円か米ドルかどちらか選べるのは楽天証券のみです。

  • 全て日本円を選べば確定申告が楽になるが、常に為替の影響を受ける
  • 米ドルを選べば確定申告は大変になるが、為替変動を有利に活用することもできる
うみねこさん

選べる機能なんてあったっけ?

カモメさん

チャットサポートから探すと見つけやすいよ

まずはPCでログインして左下にあるロボットチャットを開くと画像の質問が見つけられます。

回答内の「こちらからログインし」をクリックして再ログインすると直ぐに設定変更画面に移動できます。

円貨設定すると下の画像みたいになります。

出典:https://www.rakuten-sec.co.jp/

円安時にドル転してドルで取引を続け、円高時に貯まったドルを円転する方が効率は良いです。
しかし、やってみると分かりますが円高時に米ドルの現金をたくさん持っているとは限らないず、円転のタイミングが特に難しいです。私の経験上ではだんだん気にしなくなって、株の売買をしたい時に逐次両替をしていました。

なのでどちらが良いかは好みです。

カモメさん

私は売買も配当も円で取引したい派

DMM(米国株を代用して日本株式を信用取引)

出典:https://kabu.dmm.com/jp/margin/collateral_us/

DMMは取引コストでは目立ちませんが、米国株を代用して日本市場で信用取引ができる。という際立った特徴があります。
つまり…DMMは日本株式で為替トレードができ、米国株式で日本株式がトレードできる。使いこなせるかは別ですけどね。

  • 日本株はFXに代用して資金を有効活用!
  • 米国株は信用取引に代用して資金を有効活用!
うみねこさん

なんでも代用できちゃうじゃん!

カモメさん

資金効率を徹底的に追及する
そんなあなたにDMM

ウィブル証券(小額で米国株売買)

  • 単元未満株の米国株の売買が可能な唯一の証券会社(1株未満で最低5米ドルから)
  • 他社を圧倒する取扱い銘柄数
  • 取引手数料が安く売買には有利
  • ドル転円転の両替コストがかかるため頻繁な両替は避けたい
  • 出金手数料あり(最安は三菱UFJで3万円未満の振込:110円、3万円以上の振込:275円)
  • 外貨取引(米ドル取引)しか選べないので確定申告が大変

単元未満株の売買ができるのは、ウィブル証券だけの非常に大きなメリットです。
このメリットのおかげで、小額から米国株投資を始めなり、ファンドだけでなく多くの個別株を集めることもできます。

単元未満株、取り扱い銘柄数、コスト。スマホアプリの情報量、企業信頼性。総合的なスペックではウィブル証券がトップだと思います。(取引通貨が米ドルしか選べないデメリットを除けば)

【単元未満株のメリット実例】

例えば2024年5月時点のNVIDIAで計算します。

NVIDIA(1株)は950米ドル
USDJPYのレートは155円
950×155=147,250
最低でも15万円くらいが必要

これがウィブル証券では最低0.0001株から、または最低5米ドルから購入できます。5米ドルなので2024年5月のレートだと775円です。これはPayPay証券よりも小さな単位で米国株が買える計算です。

私は過去に米国株の確定申告と税制で苦労した経験から、米国株なら絶対に円貨取引!と心に誓っていたのですが、このウィブル証券のメリットを知ってからは…さすがに心が揺らぎました。

単元未満株で米国株が買えるなら米ドル取引も受け入れられます。速攻で為替差益管理シートをスプレッドシートで作成しましたね。

カモメさん

投資家たるもの常に合理的な選択肢を
魅力のあるサービスが誕生したら常に公平な評価を
投資家たるもの常に柔軟な頭で柔らかくしてなんとかかんとか…

うみねこさん

手のひら返しね

米国株投資で楽天証券とDMMとウィブル証券のどれを選ぶ?

  • 確定申告を楽にしたいなら楽天証券
  • 米国株を代用して信用取引をしたいならDMM
  • 1番良いスペックで米国株投資したいならウィブル証券(確定申告の手間は気にならない)
カモメさん

こんな感じだね

最後にこの3社に絞り、決定要因になりそうな要素を表にまとめます。
たびたび出てくる取引通貨の違いによる確定申告及び税制の違いに関しては、各自で税務署や税理士などに確認してください。

スクロールできます
楽天証券DMMウィブル証券
銘柄数約5,000約2,500約7,000
単元未満株出来ない出来ない売買可能
売買通貨米ドル、日本円米ドル、日本円米ドル
配当受取通貨米ドル、日本円米ドル米ドル
コスト
信用取引に代用出来ない代用可能出来ない

CFD(上級者向け)

投資信託と東証ETFをCFDで保有はできませんが、米国ETFや個別株、ファンドのベンチマーク対象をCFD口座で売買することは可能です。CFDでは金利が差し引かれるので運用は短期売買が基本です(特に2023年時点では高金利なので注意)

買いだけでなく売りからもエントリーできるので、値動き上下の大きいブルベア指数で買いなら押し目買い、売りなら戻り売りを狙う。2023年なら話題の個別銘柄NVIDIAをレバレッジを掛けて少量限定で買う。など投資の幅が広がります。

運用する口座はGMOクリック証券がメインになると思います。
扱う銘柄数では外資系のIG証券とFOREX.com(StoneX証券)が多いですが、主要銘柄や人気銘柄(個別株含む)はGMOクリック証券でも扱っていて必要十分が揃っています。コストもIG証券とFOREX.com(StoneX証券)よりも安価です。

CFDに関してさらに詳しくはこちら

  • 豊富な銘柄とコストの総合力
  • 幅広い取り扱いアセット:株式、債券、リートなど
  • レバレッジ系ETFをさらにCFDでトレード可能
  • 優良個別株の取り扱いも多数

カモメうみねこが運用するファンド

うみねこさん

で…カモメさん何買うの?

私は読者の皆さんに自分で考えてもらう方針なので明確には教えません。ただ、完全に秘密にするとお話しできなくなってしまうので、ふんわり匂わせ発言はSNSなどでしています。注意深く言葉を辿れば…

カモメさん

S&P500

というのが推測できたり出来なかったりだとか?
とりあえずX(旧Twitter)をフォローが良いと思います。コラムでは資産運用日誌をほぼ毎日書いています。ファンドに関する内容も頻繁に話題にしていますので、是非ご参考に。

コラムにもファンド情報がたくさん


キーワードで関連記事を探してみる

カモメうみねこ限定タイアップ特典

当ブログ経由の口座開設で…

カモメうみねこ限定タイアップ特典

当ブログ経由の口座開設で…

  • URLをコピーしました!
もくじ