category
  • 1通貨から取引と優れた基本スペック
  • 裁量系FX口座並みのスペックでリピートFX自動売買が可能
  • #カモメのオセアニアするなら松井証券FX

\ 口座開設して限定レポートとエクセルをもらう /

*FXと総合の両方に必ずチェック

  • 米国単元未満株が取引きできる唯一の証券会社
  • 5ドルからの少額取引
  • リーズナブルなコストに情報満載のスマホアプリ

\ 口座開設して限定エクセルをもらう /

*達成条件は初回入金のみ!

  • 最小取引単位0.1LOT(1,000通貨)
  • ノックアウトプレミアムが無料
  • #カモメのノックアウト初心者にはFOREX.com

\ 口座開設して限定レポートとエクセルをもらう /

*1LOT以上の取引が達成条件

当ブログ経由の口座開設で貰える限定タイアップ特典はこちら

気になる投資信託の長期ウォッチをリセット | 新たな投資信託たちでリスタート 2024.05.21

当記事は広告を含みます

2023年の10月頃から競争させている投資信託をすべて売却

気になる投資信託をすべて同じ日に100円だけ購入して経過観察していました。定期的に発信していたと思います。
下の画像は売却直前の各投資信託の様子です。

文字が小さいのでタップして拡大をお願い致します。

2024.05.21時点
うみねこさん

半年ぐらいしかウォッチしてないじゃん

と思われるかもしれませんが、私の知りたい情報や経験したい評価額の上下はすでに学ぶことが出来ました。
これ以上は発見が見込ませんので全て売却です。

S&P500やNASDAQにはそうそう勝てない

カモメさん

簡単に説明すると

  • 定番のS&P500とNASDAQはやはり強い
  • 米国株インデックス系列で暴落でも評価額が下がりにくいと評判のベンチマークは、暴落の前にS&P500とNASDAQに突き放されてしまうので暴落が来ても結局大差が無いのではないか?
  • インド株は期待に応える頑張りをしているが、リスクリワードを考慮すると米国株インデックスに劣後している
  • 米国債券は米国金利がまだ下がっていないのでこれからもウォッチ
  • など

このような感じです。この記事は日誌なのでこの程度の書き方しかしませんが、後日ファンドリストの記事にまとめておきます。

S&P500トップ10と一歩先いくを検証したい

新NISAの影響でこの半年は新しい投資信託の発売が続きました。
同じ日に購入して条件を揃えることに意味があるので、気になる投資信託が増えても競争させることが出来ませんでした。なので、これも良い機会かなと思います。

先日に日誌で話題にした2つのファンドの他にも競争させたい気になる投資信託がありますので、日を改めてまた100円ずつ購入します。

次回の気になる投資信託の長期ウォッチでは新しい顔ぶれになるので、どうぞお楽しみに。

ファンドリストはこちら

キーワードで関連記事を探してみる

  • URLをコピーしました!