MENU

【auカブコム】代用FXしながら株主優待もゲットする代用優待クロス

auカブコム証券は、個別株、ETF、投資信託の全てが評価損にも代用できる唯一の会社。代用FXが浸透しつつありますが、実はFXだけではなく優待クロスにも活用できます。
優待クロスは現物買いと信用売りの両方の現金が必要ですが、代用すれば現金は約半分。auカブコム証券は優待クロスに適した証券口座でもあります。

保有株で代用FXしながら優待クロスもする

auカブコム証券の代用優待クロスに関して調べたことをまとめます。
※カモメさん未実施の投資戦略です

もくじ

優待クロスは株主優待だけをお得に手に入れる手法

株主優待は保有株数に応じて優待品がもらえる制度。自社製品などが一般的です。

優待クロスのやり方
  1. 権利日前に株主優待をもらえる株を現物で必要株数を買う
  2. 同時に同じ企業の株を信用で同数を売る
  3. 権利日後に現物買いと信用売りを両方決済して株価変動を相殺
  4. 損することなく手数料だけで株主優待品だけをゲット
  5. 株主優待品の価値>手数料

代用優待クロスだと信用売りに使う現金をゼロにできる

必要になる現金は3つ

  1. 現物買い
  2. 信用売り
  3. 取引手数料

これが代用優待クロスだと信用売りに使う現金をゼロにできます

現物買い(現金)+信用売り(現金)+取引手数料(現金)
現物買い(現金)+信用売り(代用)+取引手数料(現金)

現物買いと取引手数料には現金が必要。よって、代用優待クロスでは必要な現金を半分弱にできる。ということになります。

優待クロスに適した証券会社はSMBC日興証券とauカブコム証券

優待クロスに適した証券会社
  1. SMBC日興証券
  2. auカブコム証券
  3. SBI証券
  4. 松井証券
  5. GMOクリック証券
  6. マネックス証券

どれも逆日歩がつかない一般信用売りが出来るネット証券会社です。
優待クロスではSMBC日興証券がトップ。次点でauカブコム証券がお勧めされています。

※逆日歩とは
逆日歩|金融/証券用語集|株のことならネット証券会社【カブドットコム】 (kabu.com)

制度信用取引だと1回の取引で数万円の手数料になる場合もあるので、逆日歩のかからない一般信用取引が優待クロスに良いとされます。優待クロスおすすめ証券会社としてトップ3に入り、信用取引の評価損が代用に適用されるのはauカブコム証券だけです。

auカブコムで投資信託を代用して優待クロスをする

投資信託を代用して代用優待クロスをするのがベストだと思います。

うみねこさん

どうして?

投資信託と国内ETFを比較すると、投資信託の方が選択肢も多く優れたファンドが多いです。テーマ型ファンドやアクティブファンドも代用できますし、特にeMAXIS Slim 米国株式(S&P500)が代用できるのはメリットになります。国内ETFにもS&P500指数に連動したファンドはありますが、eMaxis Slimにはコストで劣ります。反対にNasdaqは投資信託よりも国内ETFの方が良いので、その場合の代用先はマネーパートナーズかDMMで良いと思います。

どうして eMAXIS Slim 米国株式(S&P500) で代用優待クロス
  1. 代用を優先するために投資信託を妥協して代わりに国内ETFを選びたくない
  2. S&P500に投資するベストな選択肢は投資信託のeMaxis Slim S&P500
  3. 投資信託を代用できるのはauカブコムだけ
  4. auカブコムは優待クロスに適した証券会社
カモメさん

S&P500は代用優待クロスにぴったり!

auカブコム証券で代用FXと代用優待クロスを両方やる

の代用FXは1,000通貨単位なので小規模運用が可能で、細かく余力コントロールできます。これはマネーパートナーズやDMMにはないメリットです。

普段は投資信託の代用FXで利益を得て、欲しい株主優待の権利日が近づいたら代用優待クロスをする。優待株の現物買いと手数料に必要な現金は代用FXで得た利益を使う。

代用優待クロス+代用FX

auカブコム証券の理想形として考えています。

もくじ
閉じる